ホーム > 診療項目

一般歯科

虫歯治療

虫歯治療は菌が付着した箇所を除去します。
全体的な治療でなく範囲が小さければ、「レジン」という素材を使用します。
大きければプラスチックよりも見た目、強度の優れた素材で修復いたします。

虫歯は初期の段階では自然治癒に至ることもあります。
しかしある程度、進行してしまうと自然に治ることはありません。
当院の治療は歯を残すことを大事に考えていますが、虫歯の部分はしっかりと除去いたします。
でなければ再発の原因となってしまうからです。

虫歯の治療は痛みが出てから、というケースが多いです。
しかし、虫歯で痛みが発生するときには、かなり、虫歯が進行してしまっている状態です。
最悪の場合は、抜歯や、神経を抜かなければいけない事があります。

しっかりと、予防を行い、それでも虫歯になってしまった時は早期治療を行いましょう。

知覚過敏

虫歯でもないのに歯がしみる…
みなさんも一度はこういう経験をしたことあるのではないでしょうか?

この原因の多くが知覚過敏です。日本では1/4の人が悩んでいると言われております。

知覚過敏になる原因は
・ブラッシングが合っていない
・歯周病である
・噛み合わせが良くない
・虫歯(う触)
などがあげられます。

健康の原点は食べることです。その食べるときに不快感を覚えるのは健康を害しますので、
すこしでも歯がしみて困ったら当院までお越しください

根管治療

根管治療とは、歯の神経の治療の事です。
※歯の神経を歯髄、神経の通っている管を根管と言います。
虫歯が歯髄(=神経)にまで進行して腐ってしまったり、
強い刺激により歯髄が死んでしまった場合に根管中の歯髄や
汚染された部分を取り除き、根管を清掃・消毒して治療します。

初期の症状ではズキズキとうずき、歯髄炎を起こします。
さらに、神経が完全に腐ると、何もしない状態でもうずいたり腫れたり、臭い匂いが出たりします。歯の色も黒っぽく変色もします。
そして膿みは歯の根の先に膿みの袋を形成し始めます。これを根尖病巣と言い、根尖性歯周炎と言います。

この膿みの袋が大きいほど完治は難しくなり、膿みの袋を外科的に切除する必要性がある場合もあります。

歯髄炎や根尖性歯周炎は根管治療で痛みやうずきなどの症状は楽になります。
そして、根管治療をきちんと行えば歯髄を取り除いてもまだ歯を抜くことはありません!
腐った歯髄は早期に取り除き、適切に治療しましょう。
正しく早期に根管治療を行えば、歯を助けることが出来るのです。

でも、痛みがなくなったからといって、虫歯が治ったわけではありません。
肝心なのは歯のケア!治療後、歯を一生使える様にしっかりケアしていく事が最も大切です。