ホーム > 義歯(入れ歯)

入れ歯治療

義歯(入れ歯)

部分入れ歯

この失った歯をそのままにしていたらどうなるか御存知ですか?

不正咬合(噛み合わせがあわないこと)や顎関節症、頭痛、肩こり、腰痛、
胃腸障害など、全身的にいろいろな症状が副作用として出てきます。

歯が無いところでは咬むこともできず、咬み合わせのバランスが悪くなります。
その影響で顎の周りの筋肉の使われ方に異常が生じ、
顎関節症や症状がひどい時は顔が歪んでしまいます。

歯を失ってしまったらそれを補う必要があります。補う方法は入れ歯以外にもあり
・ブリッジ
・インプラント治療
が代表的です。

顎の状態によっては上記の治療が出来ない場合もあります。
その場合は脱着式の部分入れ歯や総入れ歯を使って補う必要があります。

メリット・デメリット

部分入れ歯

・メリット
取り外し可能ですのでブリッジのように健康な歯を削ることなくできます。

・デメリット
安定感に欠けるため咬む力は弱くなり、また装着時に違和感を感じる場合が多いようです。
見た目も設計によりますが、バネが見える場所に設定されると見た目も良くない事があります。

総入れ歯

・メリット
部分入れ歯では補うことができない大きな欠損に有効で、なおかつ比較的簡単に治療が受けられます。
着脱式なのでお手入れが比較的簡単です。

・デメリット
部分入れ歯よりも安定感に欠け、歯茎全体で入れ歯を支える事で咬む力が弱くなります。
噛み心地が悪くなり堅い食べ物は咀嚼するのが困難になります。

義歯(入れ歯)の種類

義歯(入れ歯)には口腔内の状態、用途によって様々な種類がございます。
以下は主な例になりますが、患者様の歯の状態によってご案内させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

ゴールド床

部分入れ歯

ゴールドは腐食の影響で起る変色がありませんし、
精密加工のしやすい金属で、なおかつ身体にやさしい素材です

チタン床

部分入れ歯

比較的軽い金属ですし、金属アレルギーが出にくく、腐食しません

コバルト床

部分入れ歯

永く快適に使用できるコバルトクロム素材を使用した入れ歯になります

エステ入れ歯

部分入れ歯

バネのない入れ歯装置です。割れにくいプラスチックを使っているため
これまでの入れ歯に比べて柔軟性に富み、見た目の違和感がないのが特徴です
詳しくはこちらをご覧ください

アタッチメント

部分入れ歯

アタッチメントとはマグネットタイプの入れ歯装置です。部分入れ歯、
総入れ歯に使用可能で安定感が強く審美性に優れているのが特徴です

コーヌス

コーヌスとは残っている歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着するタイプの入れ歯装置です。噛む能力も高く審美性に優れています

ミリング義歯

ミリング義歯とは茶筒の原理(摩擦抵抗)や木工の継手に似た構造を応用した入れ歯です。残っている歯を削り、そこにぴったりとはめ込む金属を作ります。
保険適用の入れ歯に比べ、安定感に優れ、金属のバネも無いため審美性も優れています