ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療

歯周病も初期の状態であれば、歯と歯肉の境目に存在する原因菌である
歯周病菌(プラーク)、または歯石をしっかり除去し、
炎症を起こした歯肉を消毒す れば、歯肉の状態は改善します。
しかし、歯周病は痛みなどの自覚症状に乏しく、
なかなか気づきにくい病気でもあります。

歯肉の腫れや、出血などの小さなサインを見逃すと、歯周病はさらに進行し、
歯を支える歯槽骨という骨にまで炎症が及び、
さらにはこの骨を溶かしその結果歯がグラグラしてきます。

こうなると歯周病の末期症状で、様々な症状がいっきに現れてきます。
歯周病の末期のほとんどの場合は虫歯は無くても、抜歯をしなくてはならなくなります。
今のところは、歯周病の進行を止め、再発しないようにすることが治療なのです。

辻直子歯科では歯周ポケットの深さを測定する検査を行い、歯周病の程度を診断し、
その状態にあった治療、プラークコントロールや機能水(=EO水)による殺菌などを行うようにしています。
また、歯周病は治療ももちろんですが、ご家庭でのメンテナンスが非常に重要です。
そのためにも、ご家庭での プラークコントロール についてもご指導させていただいております。

口臭治療

口臭の最も多い原因は歯槽膿漏と呼ばれるもので
歯周組織から膿が出る症状によるものがほとんどです。

その他の口臭の原因は
・詰め物、被せ物の不具合
・舌の汚れ
・鼻や喉の病気
・胃・腸の病気
などがあります。

また、自身の口臭はなかなか気づきにくく、周囲の人も指摘がしづらいですので
自分の息は大丈夫かな?と思ったら一度辻直子歯科へご来院下さい。
治療はもちろん、口臭が気にならなくなるようなブラッシング指導や治療をおすすめします。

歯周病とは

歯周病とは 生活習慣病の一種です

歯周病は日本人の約80%がかかっていると言われており、
もはや生活習慣病の一種と呼ばれております。

また、虫歯に並んで歯を失う原因の一つです。

ブラッシング時に歯と歯肉の間(歯肉溝)に歯ブラシが届かないと、
そこに多くの細菌や歯石がたまり、炎症を引き起こします。

進行すると歯周ポケットが深くなり、抜歯をしなければならないケースになることもあります。
その為、日々のメンテナンスや予防治療、定期検診が必要になってくるのです。

予防についてはこちら

歯周病が引き起こす病気

歯周病菌が原因で他の病気になる恐れがあります

歯周病菌が血液や唾液に混じり全身に流れると他の病気になる可能性があります。
心筋梗塞・脳梗塞をはじめとして、以下の病気があげられます。

肺炎

歯周病菌の中に肺炎を引き起こす細菌が含まれているため、抵抗力の低い子供やお年寄りになる可能性があります

心臓病

歯周病菌が含まれた血液が心臓まで達してしまうと、血管壁に炎症をおこし、心臓病になる可能性もあります

早産

妊娠中は女性ホルモンが増加するため歯周病になりやすい時期です。その影響で早産をする可能性があり、
妊娠中に歯周病菌が羊水内に入ってしまうと低出生体重児が生まれる確率が上がってしまいます。
可能であれば妊娠したらすぐに歯周病にかかってないかチェックするのがお勧めです

HIV

歯周病菌が増加する際に出る酪酸が体内に潜伏しているHIVウイルスを活性化しエイズの発症につながる可能性があります